増圧ポンプの交換☆お役立ちガイド

交換するメリット選ぶポイントとは

近年では槽飲料水を貯める水槽である受水をなくし、直結増圧ポンプに変更するマンションやアパートが増えている傾向にあります。メンテナンス費用の節約や、受水槽の交換時期のタイミング、受水槽をなくして広く場所を利用したいなど、理由は様々なものとなっています。

増圧給水ポンプは水道本管に直接接続される給水装置でたり、水道局による決まりもあるので交換工事は申請が必要な場合もあります。しかし申請方法や手続きがわからないという人が大半であり、その際には頼りになる業者を選ぶことが重要になります。

このサイトでは増圧ポンプの交換を業者に依頼する際に、料金やサポート体制、アフターメンテナンスといった業者による様々な違いを比較することができるようになっています。ニーズに合わせて選ぶことにより、料金の節約につながるので良く比較しておきましょう。

sankou

sankouは安心して増圧ポンプの交換を依頼できる会社です。この会社とは直接取引が可能になっています。間に下請けの業者が入ることはないので、コストの削減が見込めます。工事に使う税料なども自分たちで仕入れて低コストを実現します。

sankouはこれまで3万件以上の水回りの工事の実績があります。その中には増圧ポンプの交換も含まれています。このような豊富な実績に基づいて無理のない安心した工事を行っています。工事後に深刻なトラブルが起きることもありません。

この会社は明朗な会計を心掛けています。上記に書いたように直接取引ができるので、お金がどのように使われたかはっきりとわかります。また無料の見積もりを実施しており、それに基づいて依頼を決められます。工事の総額については担当者が丁寧に説明します。



企業情報

会社名
株式会社サンコウ設備
所在地
〒178-0065 東京都練馬区西大泉4-3-42
連絡先
048-424-2851
サイトURL
https://www.sankou-setsubi.co.jp/

イエコマ

給水管のメンテナンスは面倒なことも多いです。マンションなどの集合物件の場合には増圧ポンプを設置しているところも多いです。定期的に交換をすることによって水圧も保つことができるようになるので、専門業者に問い合わせを行ってみてください。

イエコマでは定期的に交換も行っているので、水圧が弱くなったと感じたらすぐにでも対応できるようにしています。365日24時間対応をしているので、急に水が出なくなってしまったというトラブルにも迅速に対応しています。

他にも給水管のクリーニングなども行っているので、トラブルが発生する前に対応をすることもできます。使えなくなったら困るものだからこそ、定期的なクリーニングやメンテナンスが必要です。

株式会社さくらメンテナンス工房

株式会社さくらメンテナンス工房はその名前の通りお家のメンテナンスやリフォームを取り扱っているところです。建物の異常をいち早く見つけて迅速に対処することで、全体的な寿命を延ばすことを目的のひとつとしています。

基本サービスは不具合を事前に見つけるための点検にひび割れを補修するリペア、そして増圧ポンプの異常などで起きる水廻りのトラブル対応の3種です。そこにプラスアルファとしてシロアリや湿気といった個別の悩み解決を付け足すことができます。

また一般的なメンテナンスの他に会員制のさくらクラブというプランもあり、そのお試しの一環として、モニター価格で実際に受けて見ることも可能です。その中で修理や交換などの内容は、料金や地域によって異なります。

株式会社アクア

工場やマンションでは給水ポンプや増圧ポンプなど様々なポンプが使われています。古くなっての交換やメンテナンスならば、株式会社アクアに依頼しましょう。ここは、ポンプの交換やメンテナンスなど改修を専門に行っている業者です。

改修工事には新築現場とは別の知識が必要です。この長株式会社アクアは改修業を長年専門に行っており、多くの経験と実績があります。ポンプに必要不可欠な知識が豊富で、ポンプの方式変更やメンテナンスが楽になる方法など、お客様に最適な方法を提案してくれます。

ポンプの取り扱いメーカーが豊富で、どんなタイプのポンプ交換も行えます。交換費用はとっても安く、二度手間になる様な無駄な作業は行いません。その分安く工事ができますし、使われている部材は良質な物のみを使用して、アフターフォローモ含めて品質は抜群です。

株式会社カンパイ

株式会社カンパイでは、直結直圧・増圧ポンプ交換工事を行っています。集合住宅で長く用いられてきた受水槽・高架水槽使用の水の分配から、直接水道管に水を送る新式のポンプに変更が進んでいます。この変更により大きなメリットがあるのです。

水道本管から直接水を各家庭に届けると、電気代の大幅な節約や水の鮮度の向上・土地の有効利用につながります。受水槽・高架水槽では常に大きな圧力を必要としていたため、大きな電力を消費していましたが、必要な時に必要なだけ水を送れば、電気代の大幅な節約になります。又、水道水も溜める必要が無く、鮮度が向上します。

株式会社カンパイでは、水道に関する修理やメンテナンス以外にも様々な事業を行っています。防災事業・非破壊検査事業・点検、清掃事業などで、多くの人々の暮らしを守っています。

多摩プランニング有限会社

給排水・空調設備工事専門会社である多摩プランニング有限会社には、資格を持った技術職のスタッフも存在します。さらにこの会社は最近マンション工事にたくさん関わっていて、住民のアフターメンテナンスなど色々なことを行っているので、相談や依頼がしやすいと言えます。

最近では安全で衛生的な水が飲みやすくなる増圧ポンプを希望するマンション管理組合が増えていますが、多摩プランニング有限会社は受水槽を取りやめて増圧ポンプへの交換が頼みやすい会社です。そしてこの種のポンプにした場合は受水槽の洗浄点検が不要になるので、料金があまりかからなくなるというメリットもあります。

多摩プランニング有限会社は、東京の多摩地域にも23区にもたくさんの店舗を持っており、さらに神奈川県と埼玉県にも店があります。そして一時間圏内ならば見積りと相談は無料となるので、このあたりの地域ならば特に連絡しやすいでしょう。なお、電話での連絡は月曜から金曜の9時から18時までとなっています。

直結方式に必要な増圧ポンプの交換を求めているなら

マンションの給水システムは、大まかに分けて二通りあります。代表的なのが直結タイプで、もう一つが水槽タイプとなっており、水槽タイプの場合は受水槽を定期的にメンテナンスする必要があるでしょう。もちろん、受水槽そのままにも寿命があるので、場合によっては更新工事も必要となります。水を貯蓄しておくことにもなるため、衛生面にも問題があることが多く、定期的に掃除をしなければならないリスクがあるはずです。今実際に水槽方式を採用していて、そろそろ直結方式に切り替えたいと感じているなら、ぜひとも増圧ポンプを取り入れて、交換作業をしてみると良いでしょう。当然ながら、増圧ポンプの交換は素人では難しいので、専門の水道工事業者にお願いをすることになります。信頼と実績がある、百戦錬磨の工事業者を選ぶことが大事です。

今まで水道工事をお願いしたことがない人は、素人判断になってしまわないように、詳しい人たちからアドバイスをもとに、慎重に選ぶことが重要となります。経験者の話が、結局のところ大きな参考材料となってくれるでしょう。もし身の回りで、水道工事業者にお願いしたことがある経験者がいるなら、その人からオススメの業者を教えてもらうのが、得策だといえます。自分で探すのが面倒ならなおのこと、探す手間を省くことができるので一石二鳥です。また、地元で水道工事業者に詳しい人がいない場合でも、インターネット上に目を向ければ、経験者の話を口コミ情報サイトや、人気ランキングサイトからすぐ確認できるでしょう。頻繁に名前が見かけられる業者を見つけたら、ホームページを見て、どのような特徴持っている業者なのかを確認するのが基本的な流れです。

ホームページを隅々まで確認すれば、今まで行ってきた増圧ポンプの交換工事の事例を確認できることもあります。その業者のセンスや技術力を伺い知るきっかけとなるので、チェックできるなら、必ず確認をしておいた方が良いでしょう。また、料金に関しては、当たり前ですが業者によってかなり変わってきます。できる限りコストパフォーマンスよく動いてくれる、料金設定が良心的な業者に声をかけるのが大前提です。少なくとも、予算内で実践してくれる業者を探すようにしましょう。なお、増圧ポンプの定期的なメンテナンスをしてくれる業者にお願いすれば、さらに安心ができます。業者によって、工事が終わった後の保証期間の長さも異なるので注意です。言うまでもなく、できるだけ長めの保証期間を設けてくれる業者を選ぶようにしましょう。