分かる!コンディショニング情報サイト6選

ホーム > コンディショニングについて > アメリカで開発されたボディコンディショニングトレーニングは画期的です

アメリカで開発されたボディコンディショニングトレーニングは画期的です

 アメリカで画期的なボディコンディショニングトレーニングが開発されました。
本家のアメリカではそれはボディコンディショニングエクササイズと称されています。
このトレーニングはもともとはスポーツやアクティビティでそのパフォーマンスを最大限に発揮するために考えられたトレーニング方法です。
言わばプロフェッショナルのトレーニングメニューですからそれは大変に厳しいものです。
ですがそれが次第に一般の人たちに浸透してきたというわけです。
スポーツマンでなくても例えば子供達でも高齢者たちでも安心してボディコンディショニングトレーニングを受けることができるようになりました。
ボディコンディショニングトレーニングの中で一番大切なのが有酸素運動です。
私たちに馴染みのあるエアロビクスも実は有酸素運動なのです。

 アメリカ向け身体活動ガイドラインでは成人は毎週少なくとも150分から300分くらいの有酸素運動をすることが推奨されています。
適度な有酸素運動とは、適当に歩いたり走ったりすることを組み合わせるということに他なりません。
走っていて苦しくなるとスピードを落としたり、歩いたりしますが、それらのアクティビティを組み合わせるということです。
そうすることにより無理なく体の中に十分な酸素を取り込むことができるということです。
まさにアメリカ人の合理的な考えが生み出したトレーニング方法であるということができます。
エアロビクスもれっきとした有酸素運動です。
エアロビクスを生活の中に取り込むメリットはとても大きいです。
体の中にたくさんの酸素を取り込むことができますので、それで糖尿病、心臓病、脳卒中、うつ病などのリスクを減らせるということです。

 普通の人はエアロビクスで有酸素運動が可能ですが、プロフェッショナルのスポーツマンは違います。
例えばマラソンやサッカーなどの選手の場合では、より高いレベルの有酸素フィットネスを受ける必要があります。
トレーニングの種類とやり方についてはボディコンディショニングトレーナーが責任を持ってそのメニューを組み立てます。
それだけボディコンディショニングトレーナーの責任は重大であるということです。
一歩間違えば選手生命に関わるような重大なメニューの決定なのですから。
具体的なメニューとしては例えば通常のランニングがあります。
それから自転車を利用することもあります。
さらに水泳で体を鍛えることもあります。
急勾配の坂道を駆け上ったり、階段を上り下りするというトレーニングもあります。
すべてのカロリー計算はトレーナーによって正確に行われるのです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP