分かる!コンディショニング情報サイト6選

ホーム > コンディショニングについて > スポーツをしている人はコンディショニングに力を入れる

スポーツをしている人はコンディショニングに力を入れる

 何かしらスポーツをしている人は、試合に向けてコンディショニングに力を入れる事が大事です。
試合当日に、コンディショニングが良ければ、最大限に自分の力を発揮する事ができて自分にとってベストな成績を残しやすくなります。
逆に、コンディショニングが悪ければ、本来の自分の力を発揮する事ができなくて、あまり良い成績を残せない可能性があり、コンディショニングはかなりスポーツ選手にとって重要になります。
では、どのようにして自分のコンディションを試合当日にマックスに持っていくのかというと、日頃のトレーニングが重要です。
日頃からしっかりトレーニングをすることによってスポーツパフォーマンスが上がります。
筋力やパワーだけでなくて、柔軟性や持久力なども磨いて体全体のパフォーマンスを最大限出せるように努力します。

 筋トレを行う場合は、上半身だけでなくて体全体の筋トレを行うことが大事です。
上半身を強化するのであればバーベル持ち上げや腹筋、腕立て伏せなどさまざまなトレーニングがあります。
また、下半身だとスクワットが効果的です。
スクワットは、太ももの筋肉を強化する事ができて体の土台を作る事ができます。
さらに、自分で足りない筋肉を重点的に強化することも重要です。
例えば、太ももの筋肉量が足りないと感じたらスクワットの回数を上げたりして柔軟に対応していきます。
スポーツ選手は、全身を使うことも多いので一部の筋肉量が足りない状態だと最大限のスポーツパフォーマンスを出せない可能性があります。
このように、筋トレはコンディショニングにおいて欠かすことができないものなので積極的に取り入れていく必要があります。

 また、コンディショニングにおいて持久力を高めることも大事です。
持久力がなければ、試合をしている時に徐々に疲れてきて本来のスポーツパフォーマンスをだせない事があります。
特に、試合時間が長いスポーツではかなりの体力を消耗するので、持久力を上げておく必要があります。
持久力を強化するためには、ランニングや縄跳び、水泳などが効果的です。
つまり、有酸素運動をメインに持久力を強化していきます。
有酸素運動は、持久力が上がるだけでなくて、心拍数の強化や無駄な脂肪を燃焼させる効果もありスポーツ選手にとってベストな体を作り上げることができます。
また、柔軟性を強化するためにストレッチなどを重点気に行うこともコンディショニングにおいて重要です。
このように、有酸素運動やストレッチもスポーツパフォーマンスを上げるために必要です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP